輪郭をシャープにする美容整形を受けた体験

骨を削しかない、決心できてる

カウンセリングで医師に「エラをなくして輪郭をきれいにしたい」と伝えると、エラ削りという美容整形をすぐに勧めてくれました。
先生曰く、私のエラは下顎角の骨が出ている事で目立っているため、その骨を削る事でシャープなフェイスラインに生まれ変われるとのことです。
しかも、口の中を切開して削るので、傷が目立つ事がなく安心だと言ってくれました。
ただ私の場合、手術に関して痛みを感じないのかというのが最大の不安でした。
そのことについて訊ねると、全身麻酔をするので術中は全く痛みを感じることがないと請け負ってくれました。
その他にも、具体的な施術方法、施術におけるリスク、料金など明確に説明をしてくださり、これならば安心して任せられるだろうと感じました。
それで、施術を受ける期日を具体的に決めて、施術に臨むことにしました。
施術を受けている最中は、全身麻酔で全く覚えていません。
ただ麻酔が切れて目を覚ました時は、下顎角に強い鈍痛を感じたことを覚えています。
寝ていても痛みで数時間後にすぐに起きてしまう状態だったので、クリニックで処方してもらった痛み止めを服用するようにしていました。
薬を飲めば少し痛みが緩和するという感じでした。

エラが張っているコンプレックス : 骨を削しかない、決心できてる : 整形手術で満足できた